「ジョニー・トーBEST」募集!!

お薦め映画の募集の方が、まだいくつかカテゴリーが残っていますが、今回は、気分転換に番外編を。

というのも、まだ未見の作品はありますが、手持ちのジョニー・トー作品を一通り観終えたので、区切りに自分自身のBEST10を考えてみようかなと。

そして、自分だけではつまらないので、皆様はジョニー・トー監督のどんな作品がお好きなのか、教えていただけたらと思います。
10本も観てないという方は、BEST5でも、BEST3でも、もちろん構いません。

では、2006.3.9現在の、38本(製作のみの作品を含む)鑑賞した時点での、管理人の「ジョニー・トーBEST10」です。
(→38本の一覧はこちら)

【第1位】
ヒーロー・ネバー・ダイ(眞心英雄)

ジョニー・トー監督が得意とする、敵同士の奇妙な友情、その頂点がこの映画のラウ・チンワンとレオン・ライでしょう。
そして、伝家の宝刀“ただいま、男だらけの放課後((c)映画秘宝)”の頂点である、序盤に出てくるワイングラス割対決のシーン。このシーンこそが、ジョニー・トー史上最高の名場面だと今でも思います。
女性陣二人が見せる強さもいい。
さらに、“スキヤキ”の旋律。
黒社会ものなので、いわゆる“泣ける映画”ではないのに、とにかく泣ける映画。
“ダーク・トリロジー”の取りを飾る、男泣きの大傑作。

【第2位】
ザ・ミッション/非情の掟(鎗火)

ジョニー・トー監督との出会いはこの作品。
そして、その後ひたすら監督作品を観続けたように、その衝撃は凄まじいものでした。
サム・ペキンパー→ジョン・ウー路線のその先をいく、“動かない”アクション。
中でも、閉店間際のジャスコでの銃撃戦は、ジョニー・トー銃撃戦の頂点であるのはもちろんのこと、アクション映画史にその名を刻むでしょう。
ジョニー・トー史上屈指の名場面の一つ、紙屑サッカーももちろん外せません。

【第3位】
暗戦 デッドエンド(暗戦)

上2本に比べれば、うんと“軽い”映画。
それは、犯罪ではあるものの、基本は“ゲーム”だから。
アンディに初の電影金像奨主演男優賞をもたらし、ラウ・チンワンもがっぷりよつの名演技。
それでも、実は一番のお気に入りはヨーヨー・モン。アンディとの“バスの中だけの恋人”は、ジョニー・トー恋愛シーン史上屈指の名場面。

【第4位】
再見阿郎(再見阿郎)

ラウ・チンワン主演の黒社会ものながら、“ダーク・トリロジー”とは違って、一人の男が人間らしさを取り戻していく様を淡々と綴った、ひたすら地味な作品。
ラム・シュー本人はこの作品が一番のお気に入りのようで、なるほどの名演技。
もちろんラウ・チンワンも素晴らしいですが、この作品はなんといってもルビー・ウォンが素晴らしい。一時期以降ほとんどのジョニー・トー作品に出ている彼女ですが、この映画がベスト。

【第5位】
柔道龍虎房(柔道龍虎榜)

敬愛する黒澤明監督の『姿三四郎』へオマージュを捧げた、直球勝負の青春物語。
『ヒーロー・ネバー・ダイ』で流す涙とはまた違う、じわ~っと熱いものがこみ上げるという涙、二段肩車は反則です…。
“口惜しかったら泣け~泣け~、泣いてもいいから前を見ろ♪”

【第6位】
ダイエット・ラブ(痩身男女)

アンディ、サミーとのゴールデントリオ3部作の中では、これが一番お気に入り。
痩せている時よりもサミーが可愛い(笑)
ジョニー・トー史上屈指の迷台詞、「痩せたい~!モテたい~!人間になりたい~!」

【第7位】
デッドポイント~黒社会捜査線~(非常突然)

BEST10の中では、唯一製作のみの作品。でも、実際はかなり関わっているはず。
“ダーク・トリロジー”の2作目ですが、ラストのダークさはこれがベストか、まさに“非常突然”。
でも、そこにいくまでの、明るい部分が好き。中でも、ラウ・チンワンとヨーヨー・モンの不器用な恋がいい。

【第8位】
我左眼見到鬼(我左眼見到鬼)

一見ふざけた映画ながら、実はかなりいい話。
仮面ライダーの物真似をするサミーに泣かされるという、さすがジョニー・トー先生という凄技も。

【第9位】
ファイヤーライン(十萬火急)

なんとラウ・チンワンは6本目。
この映画のラストシーン、何回観ても好きだなぁ。
ラム・シューの、記念すべきジョニー・トー作品初出演作でもあります。

【第10位】
過ぎゆく時の中で(阿郎的故事)

初期作品からは唯一のBEST10入り。
ベタな展開ではありますが、このラブストーリーは泣けます・・・。

こうしてみると、結局は一番最初に観た3本がBEST3を形成。
カテゴリーでいえば、“男ならこれを観ろ!”系が強いですね。
俳優では、ラウ・チンワンがダントツ。女性陣ではヨーヨー・モンが3本と強いですね。

皆様はどんなBESTか、投稿楽しみにお待ちしています!

今まで通り、カテゴリー別のお薦め映画の募集もまだまだ受け付けていますので、何か思い出されたらどしどし応募して下さいませ!

「男ならこれを観ろ!」への投稿はこちら
「素敵な恋をしよう!」への投稿はこちら
「泣けます。。。」への投稿はこちら
「子役がかわいい!」への投稿はこちら
「爆笑!」への投稿はこちら
「衝撃のラスト!」への投稿はこちら

→ジョニー・トーINDEX