『エグザイル/絆』、名古屋初日報告

東京に遅れること2週間、ようやく名古屋でも公開になりました。

12/6から『僕は君のために蝶になる』が公開されていたわけですが、初の“トーさん2本立て”のため、この日まで待っていました。

というわけで、11:00から『僕は君のために蝶になる』、12:45から『エグザイル/絆』という、なんとも贅沢な“トーさん2本立て”。

放・逐

『僕は君のために蝶になる』はすでに公開から日にちが経っているとはいえ、ヴィック・チョウ目当ての方たちの群れも予想されたため、早めに券だけ買おうと、10:10くらいには現地に到着。

ところがなんと、すでに10人くらいの行列。
ヴィック・チョウ恐るべし!

しかも、窓口がなかなか開かないため、冬の寒い中、外で並ぶはめに…。

10:30過ぎにようやくチケットが買え、もちろん『エグザイル/絆』も一緒に購入。(前売券持ってないのになぜか前売券料金)

『エグザイル/絆』の方は整理券をもらいましたが、惜しくも2番…。
12:45開始ということは、2時間半以上も前に来て1番でないとは!

入替制のため、『僕は君のために蝶になる』終了後いったん外へ。

どんな人が整理券番号1番かなぁと思ってたら、なんと女性でした!
今まで散々“男ならこれを観ろ!”と書いてきましたが、女性のトーさんファンの皆様、大変失礼致しました…。

肝心の客の入りですが、超満員とはいきませんでしたが、8割以上、9割近くは埋まっていたのではないでしょうか。
初日の初回ということで、待ち望んでいたトーさん信者が駆けつけたんでしょうが、他の回もこれくらい埋まっているといいなぁ。

→ジョニー・トーINDEX