第42回金馬奨、ジョニー・トー監督の『黒社会』が最多11部門でノミネート!

少しネタが古いですが、18日に第42回台湾金馬奨のノミネート作品が発表されました。

今年のカンヌ国際映画祭で、ラース・フォン・トリアー、ヴィム・ヴェンダース、ホウ・シャオシェン、ジム・ジャームッシュ、アトム・エゴヤンなどの錚々たる顔ぶれとともに、ついにコンペ入りを果たした我らがジョニー・トー監督の最新作『黒社会』
ここでもやってくれました!

最多の11部門でノミネート。
監督賞はすでに『ザ・ミッション/非情の掟』『ブレイキング・ニュース』で受賞しているので、今回はぜひ作品賞を!

ちなみに、続いてノミネートが多いのは、10部門の『カンフーハッスル』、9部門の『百年恋歌』、7部門の『セブンソード』、6部門の『頭文字D THE MOVIE』

肝心の作品賞を争うライバルは、『カンフーハッスル』『百年恋歌』『イノセントワールド -天下無賊-』『西瓜』。

微力ながら、遠く日本から受賞を祈っています。

→ジョニー・トーINDEX