ジョニー・トー監督の新作情報3本分!

未だ『黒社会』の公開時期すら決まらない日本ですが、この前予告編を紹介した『黒社会2 以和為貴』『文雀』に続いて、新たに3本の新作情報を。
それにしてもトーさんの多作ぶりは凄まじいですね。少しは見習って下さい、ヴィクトル・エリセ監督(笑)

まずは1本目。
世界中が注目している、香港映画界本年度最大の話題作、ツイ・ハーク&リンゴ・ラム&ジョニー・トーのオムニバス映画『鐵三角』
この映画については、以前当ブログでも少し触れました。

その時のコメントのやりとりで、主演はサイモン・ヤムが無難だなぁなんていうお話を皆様とさせていただいたんですが、内定した主役は、なんとスン・ホンレイ。そうきましたか!!

続いて2本目は『放・逐』。こちらは映画秘宝8月号に情報が出ていました。

まずはストーリー。
「組織から逃げた男を消す任務を負って、マカオにやってきた2人の男。だが、標的には2人の警護がおり、偶然にも4人は旧知の仲。昔話に華を咲かせながら、妥協案を考える4人の前に、5人目の男が現れ、標的を連れ去ってしまう…」

続いてキャスト。
旧知の4人に、アンソニー・ウォン、フランシス・ン、ロイ・チョン、そしてラム・シュー!
さらに、標的にニック・チョン、ニック・チョンの妻にジョシー・ホー、5人目の男にリッチー・レン。
最強の顔ぶれ。

最後に3本目。
こちらは存在すら知らなかったんですが、タイトルは『蝴蝶飛』

8月撮影開始とのことで、主演はF4のヴィック・チョウ。
いまだにF4の4人の顔と名前が一致しないという状態ですが、映画初出演作がジョニー・トー作品の主役とは…。

主演がアイドルですし、ストーリーも死んだ恋人に再会するという香港版『ゴースト』のような話みたいなので、“ジョニー・トー=藤子不二雄説”でいうところのジョニー・トーF系列の作品になることは間違いないでしょう。

彼以外のキャストは決まってないみたいですが、ヒロインの候補には、ジョウ・シュン、カリーナ・ラム、リー・ビンビンなどが挙がっているようです。
ちなみに、『シルバーホーク』を観て以来、リー・ビンビン少し気になっています。

あと、この映画に関しては、脚本がいつものヤウ・ナイホイではなく『ラヴソング』のアイヴィ・ホーとのことで、今までのジョニー・トー監督のラブストーリーとは違う新たな面が見られるかもしれませんね。

どれも楽しみですが、何よりもまず『黒社会』早く公開して下さい(泣)

→ジョニー・トーINDEX