『ブレイキング・ニュース』ロシア・リメイク版予告編

ニュースメーカーズ ポスター

前回のエントリーで『エグザイル/絆』のリメイクについて触れたばかりですが、またまたリメイクの話。

以前『ブレイキング・ニュース』、ハリウッドリメイクへ・・・というエントリーで取り上げましたが、こちらもハリウッドでのリメイクが決まっている『ブレイキング・ニュース』

ハリウッドだけにとどまらず、なんとロシアでもリメイク。トーさん大人気ですね~。

特報が出たので観てみましょう。

ハリウッド版の映像を全く観ていないので何とも言えませんが、これを観る限り、ロシア版の方が期待できるかも!?

一番のポイントであるリッチーとユウ・ヨンの友情をきちんと描けているかはわかりませんが、映画の雰囲気はかなりオリジナルに近い。

ラム・シューに相当するお笑い担当が出てこないようなら、むしろより緊迫感の高いものになるかも。

ハリウッドでもロシアでも、もちろんヨーロッパでも大人気のトーさん、日本でももっともっと盛り上げていかなければ!

allcinemaONLINE<ジョニー・トー「ブレイキング・ニュース」ロシア・リメイク版、特報>

(2008.11.28)

~2009.3.25追記~
ようやくフル予告編が登場。

オリジナルそのまんまの“絵”も多々あって、とりあえずオリジナルへの敬意は感じられます。
二丁拳銃まで登場して、さりげなくついでにジョン・ウーもリスペクト。

気になるのは、IMDbによると、上映時間が107分になっていること。
オリジナルは90分なので、17分も“余分なこと”が追加されていることになります。

あの話が90分にまとまっているのが何よりも凄いわけで、やはり誰にでもできることではないようですね。

あと、『ブレイキング・ニュース』といえば、もはや神業の域ともいえる、オープニングの7分間ワンカットの銃撃戦。

この映画をリメイクしようというなら、意地でもワンカットでやってほしいですね。
言い方を変えれば、それができないようなら、リメイクなんてしようと思うなと。

何はともあれ、劇場公開だけはちゃんとしてほしいところです。

関連記事

ジョニー・トー第22弾。 未だに公式サイトに公開の予定が載らないので(どうしたシネマスコーレ!)、待ちきれずにYesAsia.comからゲット。 例によって日本語字幕はありませんが、この映画の場合大勢に影響はないでしょう。 ビ[…]