トニー・レオン、ラブシーンについて語る

レッドクリフ Part I トニー・レオン リン・チーリン

あのウォン・カーウァイをして“目だけで語れる男”と言わしめる、世界最高峰の役者の一人トニー・レオン、ラブシーンについて語っています。

「ラブシーンは実は苦手なんですよ(笑)」

とのことですが、実はなんて言われなくても、十分にわかってます(笑)
『恋する惑星』『傷だらけの男たち』を比べても、まったく進歩はなく相変わらずキスシーンはかなりぎこちない。それでも、アンディよりはまだましですが。

『花様年華』って、もうずいぶん昔に観たきりなので記憶が曖昧ですが、手をつなぐシーンってありましたっけ?
「官能的な愛を目だけで語りつくし、見事にカンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞している」と記事にありましたが、確かに、あんなに官能的な映画もそうはありません。

とはいっても、脱ぐ脱がないはたいした問題ではなく、『愛の神、エロス』、裸の女性が出てきたソダーバーグとアントニオーニよりも、脱がなかったウォン・カーウァイの方が遥かに官能的でしたからね。

さて、『レッドクリフ Part I』ですが、予告編を観ただけでも、また結構大胆なラブシーンがありそうですね。
しかも、相手がリン・チーリンなんて、羨ましいぞトニー!(笑)

「正直言って、ジョン・ウー監督はアクションの天才ですが、ラブシーンの演出はどうにもヘタなようです(爆笑)」

これには、さすがのジョン・ウーも黙って頷くしかないでしょう(笑)

eiga.com<トニー・レオンが語る「ジョン・ウー監督はラブシーンの演出がヘタ」>

関連記事

二挺拳銃はもちろん出てきませんが、代わりに二刀流が活躍。 コートはおかしいので、代わりにマントが翻ります。 そして、鳩は今までで一番の活躍ぶり! 今回は、“男ならこれを観ろ!”から、待ちに待ったジョン・ウーの三国志『レッドクリ[…]

関連記事

「デブ助、また肩車してやる」 待ちに待った『レッドクリフ Part Ⅱ -未来への最終決戦-』観てきました。 “未来への最終決戦”という勘弁してくれ…なサブタイトルにがっくりし、『レッドクリフ Part I』に続いてまたも登[…]

関連記事

鑑賞39本 感想20本 関連記事3本 NEW! 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 ●シャン・チー/テン・リングスの伝説(Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings)(2021)NEW[…]