『愛の神、エロス~エロスの純愛・若き仕立屋の恋~』(ウォン・カーウァイ)

愛の神、エロス

「覚えてる?私達の出会いを」
「覚えてます」

「触れた手は?」
「覚えてます」

まだ見ぬあなたの、初めて聞いた声は男に抱かれる喘ぎ声だった。
そして、あなたの手がこの体に触れたあの瞬間、全ては始まった。
たった一度の触れ合いが、永遠の愛の始まりだった…。

若き仕立屋見習いへの、女からの助言。
「この感触を忘れないで。そうすれば、美しい服を作れる」
恍惚の時間…。

他の男に会うための服を仕立て、他の男と電話で話すのを傍らで聞き、それでも男は今日も女の部屋を訪れる。

愛の神、エロス チャン・チェン コン・リー

しかし、ある日女は男の前から姿を消す。

数年後の再会。

「また・・・服を作ってくれる?」

「採寸して」
「必要ありません。あなたの体型は知ってます。この手が覚えてます」

愛の神、エロス コン・リー チャン・チェン

背後から、女の体に手を滑らせる男。
肩、腕、腰…。
強く抱きしめる男。
涙を流す女。

他の男に抱かれる声を聞き、舞い戻った誰もいない仕立工房で、机に置かれた女のドレスに手を入れる男。

愛の神、エロス チャン・チェン

そして、最後の時。
「手じゃイヤ?」
蘇るあの日の感覚…。

元々は1930年代の上海を舞台に撮りたかったようですが、SARSの影響で断念し、結局は“いつもの”1960年代香港。

オープニング、闇夜に浮かび上がる電灯の灯りと雨音だけで、もう一気にウォン・カーウァイの世界に引き込まれます。

“想い”を描かせたらウォン・カーウァイは凄いですが、今回は、若き仕立屋の高級娼婦への想い。

オープニングの会話がラスト近くでまた繰り返されますが、オープニングでは画面に映っているのはチャン・チェンだけで、コン・リーは声だけ。

2回目は二人とも映ります。
凄いのは、声から想像していたコン・リーの姿と、実際に現れたコン・リーがほとんど違わなかったこと。
声だけで姿まで想像させたコン・リーは凄い。

そして、たった40分で女の一生を見せきりました。

見習いから一人前の仕立屋までを見事に演じきったチャン・チェンも素晴らしい。

コン・リーとチャン・チェンという完璧な配役を得て、まさにウォン・カーウァイの世界。

『2046』にはがっかりしましたが、『欲望の翼』『楽園の瑕』『花様年華』(『恋する惑星』はまた少し違うのでここでは除きます)の、あのウォン・カーウァイが帰ってきました。

この映画、オムニバス映画『愛の神、エロス』の中の一作で、他のソダーバーグとアントニオーニのには裸の女性が出てきますが、脱がないこの映画の方が遙かに官能的。

自分がウォン・カーウァイ監督の大ファンだということを差し置いても、3作品の中ではずば抜けてますね。

「余白や空白が多ければ多いほど、人間の想像力はかきたてられる」
~ウォン・カーウァイ~

[原題]愛神之手
2004/フランス・イタリア・ルクセンブルグ・アメリカ・中国/109分
[監督]ウォン・カーウァイ
[原案]ミケランジェロ・アントニオーニ
[撮影]クリストファー・ドイル
[美術・衣装]ウィリアム・チャン
[出演]コン・リー/チャン・チェン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『欲望の翼』(ウォン・カーウァイ)
『恋する惑星』(ウォン・カーウァイ)
『楽園の瑕』(ウォン・カーウァイ)
『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(ウォン・カーウァイ)
『グランド・マスター』(ウォン・カーウァイ)