『パラダイス!』(パトリック・ヤウ)

パラダイス!

ジョニー・トー第20弾。
今回はジョニー・トーは製作。監督は、これがデビュー作で、次に『ロンゲストナイト』を撮ることになるパトリック・ヤウ。

最近、『ベルベット・レイン』のウォン・ジンポー監督が“第2のウォン・カーウァイ”なんて言われているみたいですが、この『パラダイス!』の時も、“ポスト・ウォン・カーウァイ”なんて言われていたみたいです。

でも、『ベルベット・レイン』よりはこっちのがずっとウォン・カーウァイに近い。
全然知らずに観て、オープニングにクレジットが出ず、観終わった後に「監督:ウォン・カーウァイ」と出ても、何の違和感も感じないと思います。

それほどにスタイリッシュな映像と音楽。

中でも、『欲望の翼』のラストで流れた「Jungle Drums」が使われているのがポイントですね。
あと、全篇に渡って流れるチャチャチャの旋律。

この映画、金城武のファンにはたまらないでしょうね。
前半はひたすら寡黙。
それが、カルメン・リーと出会ってから、どんどん表情が豊かになっていって、前半とのギャップが抜群。

パラダイス! 金城武

超高級ホテルの支配人や、指を切り落としてしまったヤクザの男と心を通わせるシーンなんかも素晴らしい。

カルメン・リーも、登場シーンからラストまで、どんどん可愛くなっていくのがいい。

二人でふざけて髪を切り合うところや、路面電車の線路の上を歩く二人の後ろ姿なんかもいい感じです。

「私を好きになった?
私も少しだけ」
「少しね」

[原題]兩個只能活一個
1997/香港/89分
[監督]パトリック・ヤウ
[製作]ジョニー・トー/ワイ・カーファイ
[脚本]ワイ・カーファイ
[出演]金城武/カーメン・リー/ビュン・ウーニン/ラム・シュー

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

ここのところずっと香港映画にはまっている管理人ですが、『ヒーロー・ネバー・ダイ』『暗戦 デッドエンド』に続いて、ラウ・チンワン第3弾『ロンゲストナイト』です。 ただ、今回は監督がジョニー・トーではありません。それでも、ジョニー・ト[…]

関連記事

『恋する惑星』『楽園の瑕』に続いて3本目のウォン・カーウァイ監督作品。今回も『楽園の瑕』同様メンバーが超豪華。今は亡きレスリー・チャンを筆頭に、カリーナ・ラウ、アンディ・ラウ、マギー・チャン、ジャッキー・チュン、さらに台詞はゼロながらインパ[…]