『もらとりあむタマ子』(山下敦弘)

もらとりあむタマ子

石油ストーブのじゃんけん一つで父娘のこれまでの日常を語り、「タバタさんとじゃないって」の台詞一つで母親の不在の理由を語り、バッシュ選び一つで実はタマ子の方が父親をフォローしている面もわからせる。

もらとりあむタマ子 前田敦子

78分でこれをやられたら参りましたとしか言いようがない。

母親も姉も徹底的に画面から排除し“父娘二人暮らし”の面を強調して、しかも多くの時間は食卓に座った二人。

ここまでくるともう明らかに小津、さらに話的には『晩春』だけど、78分でそれをやってしまうのが凄すぎる。

もらとりあむタマ子 前田敦子

いつの間にかタマ子を呼び捨ての中学生との距離感も最高。

大傑作。

2013/日本/78分
[監督]山下敦弘
[脚本]向井康介
[主題歌]星野源『季節』
[出演]前田敦子/康すおん/伊東清矢/鈴木慶一/中村久美/富田靖子

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

ドブネズミみたいに美しくなりたい♪ ミュージカル映画でうだうだと語ってもしょうがないように、この映画も、とにかく見て、聞いて、触れていただくのが一番早いですね。 ストーリーは青春映画の王道で、予想通りに話は進んでいきますし、[…]

関連記事

『もらとりあむタマ子』は78分で小津安二郎『晩春』をやるという大傑作だったけど、今度はなんとアイドル主演でアキ・カウリスマキの『過去のない男』! 二階堂ふみの松葉杖キックの時点で傑作だけど、「トマト食べられへんやろ」からの開き[…]