『ワイルド・ギース』(アンドリュー・V・マクラグレン)

ワイルド・ギース
今回は、DVD発売決定記念、『ワイルド・ギース』です。

アフリカの某国でクーデターのため監禁された大統領を救出するため、多額の報酬で元アメリカ陸軍大佐のフォークナー(リチャード・バートン)が雇われる…。

フォークナーは早速かつての戦友である精鋭たちを集め始めます。
作戦参謀レイファー(リチャード・ハリス)、どんな飛行機でも飛ばせるショーン(ロジャー・ムーア)、ショーンの知り合いのボウガンの名手ピーター(ハーディ・クリューガー)。

さらに、かつては歴然の強者だったものの、今は普通の生活を送っているオヤジたちが集まってきます(中には若者もいますが)。

主役4人以外では、ジャック・ワトソン演じるサンディ曹長がいい。
かつて仕えたフォークナーが自分を訪ねてきてくれた時の、あの表情!
彼とフォークナーの関係が最後まで泣かせます。

こうして集まった、50人の男たち。

まずは、体がなまりきっているので、サンディの地獄の猛訓練。
フォークナーやレイファーでさえも容赦はなく、徹底的にしごかれます。
オヤジたちが尻を叩かれて走り回る姿はかなり笑えます。

しかし、多額の報酬はすなわち、命の保証などどこにもないということ。
遺書を残し、町に出かけ最後の気晴らしをした後、いざ出陣。

飛行機から落下傘で降下すると、レイファーの立てた計画通り、完璧に任務を遂行していく男たち。

無事大統領を救出し、後は飛行機で帰るだけ。
これだけだったら面白くもなんともないわけですが、そこはお約束の展開で、雇い主の裏切り、飛行機は誰も乗せず飛び立ってしまい、アフリカの大地に取り残された50人と大統領。
さて…。

ワイルド・ギース

前半にちょっとしたことでショーンを救う女性が出てきますが、後は一切女性の出る幕はなし、とにかく男、男、男の世界。

皆をまとめあげるリチャード・バートンの圧倒的な存在感、窮地に立たされても即座に作戦を立てるリチャード・ハリスの知性、軽さの中にも渋さを見せるロジャー・ムーア、最初は危険分子と見なされたり、大統領を黒人ということで差別しながら、彼の志を理解し命をかけて守るようになるハーディ・クリューガー。

その他にも、先ほどのジャック・ワトソン初め、それぞれに見せ場が用意されていて、一人一人が魅せてくれます。
主だったところは、エンディングで写真付で紹介してくれるところが嬉しいですね。

ジョン・フォードの直系と言われるアンドリュー・V・マクラグレン監督による、男汁120%の傭兵ものの大傑作。

ラストがまた泣けるんです…。

必見。

[原題]The Wild Geese
1978/イギリス・スイス/132分
[監督]アンドリュー・V・マクラグレン
[撮影]ジャック・ヒルデヤード
[音楽]ロイ・バッド
[出演]リチャード・バートン/リチャード・ハリス/ロジャー・ムーア/ハーディ・クリューガー/ジャック・ワトソン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
“男ならこれで泣け!”BEST10
「レンタルビデオ屋始めました」バトン “男ならこれを観ろ!”店
【TSUTAYA発掘良品】に『ワイルド・ギース』&『パニック・イン・スタジアム』が登場!
『ワイルド・ギース』Blu-rayが98分の特典映像を収録した豪華2枚組で発売!