ヴェネチア国際映画祭、『放・逐』敗れる・・・

長江哀歌

過去の受賞作品を見てもわかるように、アジア映画が強いヴェネチア国際映画祭、今回もアジア映画が制しましたが、残念ながらトーさんの『放・逐』ではありませんでした…。

金獅子賞に輝いたのは、中国のジャ・ジャンクー監督の『長江哀歌』、おめでとうございます!

まぁ今回は、ラム・シューがレッドカーペットの上を歩けただけでも良しとしておきましょう(笑)

余談として、最優秀男優賞にはなんとベン・アフレック。
『チーム★アメリカ/ワールドポリス』で「ベン・アフレックに演技学校が必要なように、僕には君が必要なんだ」とまでこき下ろされた彼ですが、ぜひ受賞作『ハリウッドランド』での演技を観てみたいです。

関連記事

赤子の足首に巻かれし鈴の音響き渡る時、漢たちが蹴り上げしレッドブルの缶宙を舞う時、ジョニー・トー最高傑作、見参。 2007年第1弾は、もちろんこれしかありません。 ジョニー・トー監督最新作、『エグザイル/絆』。 まだ発売さ[…]