『パディントン』(ポール・キング)

パディントン

これはたまらん!吹替も何の問題もない。

偶々クマなだけで、違いを受け入れるということについての物語なだけでなく、パパが再びヒーローになる家族の物語でもあり(熱いキス!)、悪役にもちゃんと物語がある。

さらに本家の音楽まで流れる『M:I』アクションまでついてきて、わずか95分。

何よりも、ダッフルコート最高。

パディントン ダッフルコート

『M:I』でも一番有名なアクション、それをやるのがニコール・キッドマンというだけでもニヤリとなるけど、一瞬しか流れないのにすぐにわかるあのテーマ曲の破壊力はやっぱり凄いな。

ほんとに一瞬しか流れないけど、エンドクレジットにはラロ・シフリンのクレジットもちゃんと出る。

文句なしの傑作。

[原題]Paddington
2014/イギリス/95分
[監督]ポール・キング
[出演]ヒュー・ボネヴィル/サリー・ホーキンス/ジュリー・ウォルターズ/ジム・ブロードベント/ピーター・カパルディ/ニコール・キッドマン
[声の出演]ベン・ウィショー/イメルダ・スタウントン/マイケル・ガンボン

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

映画『パディントン』のポスターデザインを集めました。全部で30枚。                 &nb[…]

関連記事

ご近所さんとの朝の“パディントンのいる日常”の流れるようなカメラワークですでに涙腺決壊。 後の“パディントンのいない日常”との見事な対比。 夜の追跡劇、『グランド・ブダペスト・ホテル』な刑務所、神懸り的に回収されていく伏線の[…]