第25回香港電影金像奨ノミネート発表、『黒社会』は金馬奨の雪辱なるか!?

先週発表されたアカデミー賞のノミネートの時には何も書きませんでしたが、これは書かないわけにはいかないでしょう。
第25回香港電影金像奨ノミネート発表。

昨年11月の金馬奨では、最多11部門にノミネートされ、下馬評でも優勢が伝えられる中、チャウ・シンチーの『カンフーハッスル』の前にまさかの敗北。(→その時の記事はこちら

地元香港に戻って、まずは、先日香港三大映画賞の先陣を切って発表された香港電影評論学会大奨では、見事作品賞と監督賞を受賞。

そして、いよいよ迎える大一番。さて、ノミネートの行方は・・・。

最多11部門にノミネートされたのは、ツイ・ハーク監督の『セブンソード』と、ピーター・チャン監督の『如果・愛(パーハップス・ラブ)』。

それに10部門で続くのが、我らがジョニー・トー監督の『黒社会』と、アンドリュー・ラウ&アラン・マックの『頭文字D』

しかし、その内訳をよく見てみると、他の3作品は半数以上を技術部門が占めるのに対し、『黒社会』は主要部門が目白押し。

一つ一つ追ってみましょう。

NO.1 作品賞
ライバルは、『セブンソード』『如果・愛(パーハップス・ラブ)』『神話』『頭文字D』ですが、『カンフーハッスル』が昨年対象なため、これはいけるんではないでしょうか。というより獲らせて下さい!

NO.2 監督賞
ここは、先日の香港電影評論学会大奨でも5回にわたる決選投票が行われたように、大混戦。ライバルも、ツイ・ハーク、ピーター・チャン、アンドリュー・ラウ&アラン・マック、イー・トンシンと超強力。ここは五分五分かなぁ。

NO.3 脚本賞
『黒社会』からは游乃海、葉天成がノミネート。
『黒社会』は前後編の前編だけなので、今回は脚本賞は厳しいか・・・。

NO.4.5 主演男優賞
『黒社会』からは、なんとレオン・カーファイとサイモン・ヤムがダブルノミネート!
しかしここは、レオン・カーファイが『長恨歌』とダブルノミネートで、同じくダブルノミネートとなった香港電影評論学会大奨でも『長恨歌』で受賞。
そして、金馬奨を制した『三岔口(ディバージェンス)』 のアーロン・クォックと一騎打ちの様相。『黒社会』組はたぶんないでしょう・・・。

NO.6 助演男優賞
『黒社会』からは、なんとウォン・ティンラムがノミネート!これが一番びっくり。でも、確かに今回は存在感あったからなぁ。
ただ、さすがにライバルがアンソニー・ウォン、リウ・カイチー、フー・ジュン、アレックス・フォンでは出番はないか・・・。

NO.7 助演女優賞
『黒社会』からはマギー・シュウがノミネート。えっ!?出てたの?(笑)
出てたことを忘れられているくらいなので、ここも苦しいでしょう・・・。

NO.8 撮影賞
『黒社会』からは鄭兆強がノミネート。
ここもライバルが、『セブンソード』『如果・愛(パーハップス・ラブ)』『PROMISE』『頭文字D』では苦しいか・・・。

NO.9 編集賞
『黒社会』からは譚家明がノミネート。
作品賞が獲れれば、ここらへんは付いてくるかも。

NO.10 オリジナル音楽賞
『黒社会』からは羅大佑がノミネート。
個人的には『黒社会』の音楽は素晴らしいと思うんですが、さてどうでしょう。ここには久石譲もノミネート。

こうして見てくると、よく獲れても4つくらいでしょうか。
かといって他に圧倒的に強いのがあるでもなく、10部門以上ノミネートが4作品もある時点で、大混戦でしょう。
注目の授賞式は4月8日。

関連記事

2006年第1弾はこれしかないでしょう。 というわけで、ジョニー・トー第26弾、最新作『エレクション』です。 いきなりですが、レンゲをバリバリ喰らうニック・チョン! レンゲですよレンゲ、ラーメンのスープを飲むあのレンゲ。 い[…]

関連記事

鑑賞92本 感想63本 関連記事262本 NEW! 『ドラッグ・ウォー 毒戦』のポスター集 ●七人樂隊(七人樂隊)監督/製作(2020) ●《我的拳王男友》監督(2019) ●ホワイト・バレット(三人行)監督/製作/アクショ[…]