鎗火徒然vol.4~ラストの弾は空砲か!?~

久々の“鎗火徒然”です。
きっかけは、いつもコメントをしてくださるJB’s様に、「ラストで豆腐屋のオヤジがラム酒に投げた銃弾の意味は?弾頭に十字の切れ目が見えます。コレ、ダムダム弾といって銃弾の威力を増す方法です。何のために???」という質問をいただいたことです。

銃についてはまったくの素人ですので、その上で答えさせていただいたんですが、それをここにもUPして、皆様の意見もぜひ聞かせていただきたいと思います。特に、銃について詳しい方宜しくお願い致します。

ラストでグァイがラム酒に投げたのは空砲で、ラム酒が空砲入りの銃を渡したのを承知で、自分の銃で空砲を撃ったというのが一般に言われているところかと思いますが、一部で言われているように、自分も撃ったのは実弾じゃないかと思っています。

もし空砲入りの銃でシンを救ったとしても、今後もし事がばれた場合、しくじったグァイはもちろん、裏切った残りの3人も組織から始末されますが、ラム酒たちの気持ちを全て承知の上で、グァイは一人で全ての責任を負ったのではないかと。

そして、本当に殺すつもりなら頭を撃つわけで、体を撃ったのはもちろんシンが防弾チョッキを着ているから。
防弾チョッキの伏線は張ってありますし、もし任務が終わって脱いでいたとしたら、グァイがシンに言って着せたかもしれません。

どちらにしても、グァイが一人で芝居を打つことによって、シンだけでなく、残りの3人も救った、これが一番かっこいい解釈ではないかなぁと思いますが、どうでしょう!?

関連記事

今回は、“男ならこれを観ろ!”(まだまだ募集中です!)へ投稿していただいた中から、東雲様ご推薦、『ザ・ミッション/非情の掟』です。 六条様にも『インファナル・アフェア』へのコメントの中でお薦めしていただきました。 御二方、本当にあり[…]