ジョニー・トー作品のヒロイン

any様、ご無沙汰しておりますが、お元気ですか?
というわけで今回は、any様の“がんばれ!イーキン!!”に久々に参加させていただこうということで、イーキンについて少し。

暗戦バス3B_R

と言っておきながら、実はヨーヨー・モンの話です(笑)

いつも読んでいる携帯サイトに、イーキンとヨーヨー・モンが付き合い始めたらしいという記事が出てました。

イーキンといえば、長年付き合ってたジジ・リョンと別れたのが確か今年の頭くらいだったかと思いますが、次はそうきましたか。やるなイーキン(笑)

ジョニー・トー作品のヒロインといえば、最近はなんといってもアンディとのコンビのサミー・チェン。
初期はン・シンリンやマギー・チャン。

ですが、傑作と名高い作品にはなぜかいつもヨーヨー・モン。

皆様に投票していただいた“ジョニー・トーBEST”第1位『ザ・ミッション/非情の掟』は男だけの映画なので別ですが、同2位『暗戦 デッドエンド』ではアンディと“バスの中だけの恋人”を演じ、あれはジョニー・トー恋愛シーン史上屈指の名シーンでした。

同3位『ヒーロー・ネバー・ダイ』では、命を懸けてレオン・ライを愛したヒロイン役。
二人で夕日を眺めるシーンは忘れられません。

さらに、同4位『デッドポイント~黒社会捜査線~』では、サイモン・ヤム、ラウ・チンワンと三角関係を展開。
衝撃のラストばかりが語られる映画ですが、男二人のヨーヨー・モンへの不器用な恋が素晴らしい。

というわけで、ジョニー・トー史上屈指の傑作群でヒロインを演じてきたヨーヨー・モン。
イーキンとの恋もいいですが、またトーさん作品で観たいなぁ。

→ジョニー・トーINDEX