『機動部隊』シリーズ、Blu-ray発売!

機動部隊 人性 Blu-ray
最近トーさん関連のBlu-rayの発売が続いていますが、『機動部隊』5部作も発売決定。

一般的には、唯一劇場公開もされた『機動部隊 – 同袍』の評価が高く、確かにこれは素晴らしいです。

ですが、なんといってもやはり『機動部隊 – 人性』でしょう。そういえば、まだ感想UPしていませんでしたのでいずれ。

以下、YESASIAに掲載のあらすじ。

PTUのサム(サイモン・ヤム)とメイ(マギー・シウ)は大陸人と見られる強盗4人組と遭遇するが、激しい銃撃戦の末取り逃がしてしまう。一方、借金取りから逃れるため場末のアパートに身を潜めていたギャンブル狂いのトン刑事(ラム・シュー)は、そこで知り合った男に強盗計画を持ちかけられる。その男は他でもない、サムたちが取り逃がした強盗団の一員だった。

ここにあるように、ギャンブル狂いの刑事として登場する雪ちゃんですが、お金に困っているので、強盗計画に加わることになってしまいます。

まあここまではいいんですが、いつもの雪ちゃんと違うのはここからで、なんと凄腕のドライバーとして力を貸すことに。

予告編にも出てくるので、雪ちゃんの素晴らしいドリフトをご覧いただきましょう!(もちろん本人はやってないでしょうが)

そして、これも予告編の中にありますが、本人から語られる驚愕の事実。

「昔マカオグランプリに出たことがあるんだ、5位に入賞したんだぜ」

ええっ!似合わね~!(笑)
この一点だけでも、5部作最高の1本はこれでしょう。

でも、終盤はそんなダメ刑事雪ちゃんの立ち直りの物語となっていき、結構いい話です。

未見の方には、これと『機動部隊 – 同袍』は自信を持ってお薦めできます。

関連記事

警官なのに犯人に逃げ道を教えてあげる雪ちゃん! 警官なのに犯人に警察無線を貸してあげる雪ちゃん! でも、全ては作戦だったのだ! 作戦名“グズ”、雪ちゃんの反撃がついに始まる! 最後の歌が激しく不要。トーさんな[…]

関連記事

鑑賞127本 感想100本 関連記事34本 NEW! 『黄昏をぶっ殺せ』 【本名】林捷 【生年月日】1964年7月8日(58歳) 【出生地】中華人民共和国 天津市 【英語表記】Suet Lam 経歴 1964年に天[…]