『紅の豚』(宮崎駿)

紅の豚

今回は、当ブログでは初のアニメ『紅の豚』です。

普段はあまり使わないカタカナ言葉を、映画から思い出すことがありますが、“デカダンス”といえば『地獄に堕ちた勇者ども』なように、“ダンディズム”といえば『紅の豚』。

紅の豚

そしてこの映画は、主役から脇役に至るまで、名台詞の宝庫でもあります。

いくつか印象的なものを。

「いい奴はみんな死ぬ」

「豚に国も法律もねえよ」

「戦争で稼ぐ奴は悪党さ。賞金稼ぎで稼げねえ奴は能無しだ」

「飛ばねえ豚はただの豚だ」

「ここではあなたのお国より、人生がもうちょっと複雑なの」

紅の豚

「さらばアドリア海の自由と放埒の日々よ」

「西部劇じゃねえんだ、そんなもの当たるかよ」

「あなた、もう一人女の子を不幸にする気なの?」

そして、何といっても一番の名台詞は、アジトで空賊たちに待ち伏せられて絶体絶命のポルコを救った、フィオのこの演説。

「あたしね、小さい時から飛行艇乗りの話を聞いて育ってきたの。
飛行艇乗りの連中ほど気持ちのいい男たちはいないって、おじいちゃんはいつも言ってたわ。それは、海と空の両方が奴らの心を洗うからだって。
だから飛行艇乗りは、船乗りよりも勇敢で、丘の飛行機乗りより誇り高いんだって」

紅の豚

このくだりは何度聞いてもたまりませんね。

飛行艇による空の散歩だけでも楽しいですし、何度観てもまた観たくなる大好きな作品です。

1992/日本/91分
[監督]宮崎駿
[声の出演]森山周一郎/加藤登紀子/桂三枝/岡村明美

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

先日UPしました「レンタルビデオ屋始めました」バトン vol.2ですが、自分にとってほんとに大切な映画ばかりですし、選択の余地がない【ヌ】以外は何の不満もありません。 ですが、各ブロック1本では、泣く泣く落とした映画も数知れず・・・。[…]

関連記事

レンタルBlu-rayで鑑賞。 公開時あんまり良い評判を聞いた覚えがありませんが、そこまで悪くないような。 『ハウルの動く城』以降では一番まとも。 ただ、いろいろツッコミどころもあって、まずは、「小人」の話なのに、根本的にスケ[…]