「大きなこどもたちの挽歌」

この前、「映画秘宝」は一番長い特集でも6ページだったのに、「キネマ旬報」がなんと13ページの特集を組んだという話を書きましたが、「映画秘宝」最新号、4ページの特集を組んできました。

ページ数では負けてますが、“密度”では断然上。

「キネマ旬報」と同じくアンソニー・ウォンとフランシス・ンのインタビューが載ってますが、当然こっちのインタビューの方が面白いです。

「映画秘宝」といえば、『ザ・ミッション/非情の掟』の紙屑サッカーや、『ヒーロー・ネバー・ダイ』でのワイングラス割り対決などのことを、「ただいま、男だらけの放課後」と見事に表現しましたが、今回の記事の中にあった「大きなこどもたちの挽歌」というのもいいですね~。

そういえば、少し前からネット上では情報が出てましたが、『跟蹤』公開の話もちゃんと出てました。
TOKYO FILMeXでは『アイ・イン・ザ・スカイ』という邦題でしたが、『天使の眼、野獣の街』に変わったようです。相変わらずひどい…。

『エグザイル/絆』ですが、前回のエントリーにコメントをいただきましたが、2日目日曜日の2回目、整理番号5番まで全員女性だったようです。
女性にも多くのトーさんファンがいるのは嬉しいことですが、世の中の男たちよ、それでいいのか!

トーさんといえば、当ブログでも何度も触れていますように、メルヴィルの『仁義』のリメイク『紅圏』と、同じくメルヴィルの『サムライ』にインスパイアされた『復仇』が控えていますが、そのメルヴィルの『ギャング』のリメイクで、東京では公開が始まっている『マルセイユの決着(おとしまえ)』。

マルセイユの決着(おとしまえ)

それに関連して、7ページのフィルム・ノワール特集が組まれていました。

“フレンチ・ノワール傑作選20”には、メルヴィルの4本の他にも、当ブログでもUP済の『さらば友よ』『シシリアン』なども。
この前触れたPodcastで町山さんが熱く語っていた『狼は天使の匂い』も入ってますね。これDVD化されてないみたいですが、ぜひ観たいなぁ。

『マルセイユの決着(おとしまえ)』ですが、『あるいは裏切りという名の犬』でも素晴らしかったダニエル・オートゥイユが主演で、モニカ・ベルッチが華を添え、脇に『仕立て屋の恋』のミシェル・ブラン。さらには、あのエリック・カントナの名前も。

フレンチノワールといえば、以前当ブログでも触れた『裏切りの闇で眠れ』、観るの忘れてました…。

→予告編も観れる『マルセイユの決着(おとしまえ)』公式サイトはこちら