『エグザイル/絆』のチラシが熱い!

エグザイル/絆 チラシ

公式サイト、まだコンテンツは何もありませんが、一応無事オープンしたようです。

→こちらからどうぞ

公式サイトでは、チラシの表しか見れませんが、いつもお世話になっているけろにあ様のブログで、チラシの裏側が見れます。

けろにあ・みだすのつぶやき<『エグザイル/絆』公式サイト>

このチラシの文章が熱い!

CG全盛の現代が失った、映画本来の面白さを全編に溢れさせる!『ワイルドバンチ』『荒野の用心棒』『男たちの挽歌』の興奮が蘇り、若い観客にも感動ものの格好良さだ。

10年後、20年後まで語り継ぎたい。
愛おしく、いじらしい、最高の男たちの至福の映画。

などなど。

チラシには人物紹介もなされていて、我らが雪ちゃんは、「和みキャラで、娼婦に目がない」となってます。むちゃくちゃ的確(笑)

さらに、雪ちゃんの役名に注目です。
だいぶ昔ですが、ラム・シュー、今度は“肥”ではなく“波”というエントリーをUPしたのを覚えておいででしょうか?
日本語での役名は、やっぱりというかなんというか、「ファット」でした(笑)

エグザイル/絆 33

何はともあれ、チラシの文章は決して大袈裟ではありません。
『ワイルドバンチ』が40年経った今も語り継がれているように、数十年後にも間違いなく語り継がれているでしょう。

今までに50本のジョニー・トー作品を観てきて、そのうち当ブログでは35本の感想をUPしています。
その中でも頂点に君臨する、傑作中の傑作。
二度と劇場で観る機会はないかもしれません。一生後悔することにならないように、ぜひ皆様で劇場に馳せ参じましょう。

 

エグザイル/絆 プレミアム・エディション [DVD]

関連記事

赤子の足首に巻かれし鈴の音響き渡る時、漢たちが蹴り上げしレッドブルの缶宙を舞う時、ジョニー・トー最高傑作、見参。 2007年第1弾は、もちろんこれしかありません。 ジョニー・トー監督最新作、『エグザイル/絆』。 まだ発売されたばか[…]

関連記事

香港では19日から公開が始まっている『放・逐』ですが、久しぶりに公式サイトを覗いてみたら、コンテンツが少し増えていました。 まずは、以前UPしたYouTubeの予告編には出てこない映像も見れる、公式サイトの正式な予告編が見れる[…]

関連記事

ジョニー・トー(杜琪峯 : Johnnie To、1955年4月22日 - )は、香港の映画監督、プロデューサー。 香港電影金像奨で3度の監督賞、金馬奨で3度の監督賞を受賞している。 現在までに香港電影金像奨の監督賞に18回、金馬奨の[…]