アカデミー賞、『放・逐』のライバルたち

放・逐 ジョニー・トー

『放・逐』以外は1本も観ていないため、コメントのしようがありませんが、受賞歴を見る限り、強敵揃いなのは間違いなさそうですね~。

受賞すれば言うことなしですが、それは無理だとしても、ノミネートはなんとか達成してほしい。

ノミネートさえされれば、少しだけでも世界中に映画のシーンが流れますからね。

あと、アカデミー賞のレッドカーペットを歩くラム・シュー!(←そこかい!)

世界三大映画祭ではもはや常連のトーさんですが、アカデミー賞とは授賞式を見る人の桁が違うので、“ジョニー・トー”という名前が一気に広まるチャンスです。

アカデミー外国語映画賞エントリー作品といえば、こんな過去もありました。

香港代表 『フルタイム・キラー』

それでいいのか香港映画界!
もちろんノミネートはされてません(笑)

さて、『フルタイム・キラー』の百億倍は凄い『放・逐』ですが、ノミネートに滑り込めるでしょうか。
以前からオファーが殺到しているように、ハリウッドでも評価の高いトーさんですが、映画のジャンル的に厳しいかなぁ…。

eiga.com <G・トルナトーレ監督「題名のない子守唄」が米アカデミー賞イタリア代表に>

(2007.09.29)

~2007.10.23追記~
中華圏から2本ノミネートされることはないと思うので、このニュースは大きい!

eiga.com<アン・リー監督新作、スタッフの国籍問題でアカデミー賞候補から外れる!>

→ジョニー・トーINDEX