『無頼の群』(ヘンリー・キング)

無頼の群
妻を強姦され殺された男の復讐劇というよくある西部劇かと思いきや…。

他人のためにそこまでしてくれるのかと英雄視する大衆、あくまでも己の目的のために執念の追跡劇を続ける男。

無頼の群 グレゴリー・ペック

その先に待っている真実。

画面上はハッピーエンドなのにここまで暗い気分になるラストもそうはない。

グレゴリー・ペックに追われる4人組が、スティーヴン・ボイド、アルバート・サルミ、ヘンリー・シルヴァ、リー・ヴァン・クリーフ!

この顔ぶれもたまらない。

傑作。

[原題]The Bravados
1958/アメリカ/98分
[監督]ヘンリー・キング
[出演]グレゴリー・ペック/ジョーン・コリンズ/スティーヴン・ボイド/アルバート・サルミ/アンドリュー・ダガン/ヘンリー・シルヴァ/バリー・コー/リー・ヴァン・クリーフ

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

「35歳になるのに時計も持ってない」と嘆く西部一の早撃ちガンマン。 有名になりすぎた代償、昔の自分のような若造につけ狙われる日々。 円環をなすオープニングとエンディングによる伝説の継承、でも、それは別の新たなタフな人生の[…]

関連記事

デスバレー、廃墟の街、金塊、見せない決闘等々、全編に渡って最高だけど、取っ組み合い地面を転げ回った挙句にグレゴリー・ペックに地面に組み敷かれたアン・バクスターが、その体勢からまさかの頭突き! ペックも仕返しに頭突き! 2回と[…]