第2回亞洲電影大奨、ジョニー・トー組は地味に受賞

allcinemaONLINE<第2回アジア映画賞(AFA)、結果発表>

昨年『エグザイル/絆』『グエムル -漢江の怪物-』に負けた亞洲電影大奨(→その時のエントリーはこちら)。

第1回は盛り上がりに欠けたようで、ここにも「第2回はなさそうな気がします(笑)」と書いたんですが、昨日、今年も無事に開催されたようです。

作品賞・監督賞・主演女優賞と、主要部門は韓国映画『シークレット・サンシャイン』が受賞。

主演男優賞は、『ラスト、コーション』のトニー・レオン。

注目したいのは別のところ。

まずは、脚本賞に『MAD探偵 7人の容疑者』
続いて、編集賞に『天使の眼、野獣の街』

もちろん主要部門を獲ってくれたらそれに越したことはないですが、何もなしよりはましでしょう。

ちなみに、トーさんは来場しなかったようです。

→亞洲電影大奨公式サイト

<関連記事>
『ラスト、コーション』(アン・リー)
『MAD探偵 7人の容疑者』(ジョニー・トー/ワイ・カーファイ)
『天使の眼、野獣の街』(ヤウ・ナイホイ)

→ジョニー・トーINDEX