『中島みゆき 夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」-劇場版ー』

中島みゆき 夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」-劇場版ー

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。

なんだこれ…、凄すぎるだろ…。「映画」として同じ土俵で比べていいのかわからないけど、ぶっちぎりのベストワンでは?歌も演奏も超ハイレベルだけど、ぶっ飛びすぎで、圧巻のクライマックスはボロボロに泣きながら絶句…。別格。

人間、あまりに凄いものを目の前にすると、凄いとか、ヤバいとかしか言えなくなるけど、久しぶりにそのレベル。いやー、凄いものを観た。映画館で観てこれだから、生で観た人は無事に帰って来れたんでしょうか…。

名古屋はセンチュリーシネマでもやってるけど、すでにスクリーン2だけなので、わざわざ茶屋まで遠征する価値は十二分にあると思います。2500円は映画としては高いけど、舞台と考えればこんな凄いの2500円で観れちゃっていいんですか?と申し訳ないくらい。

徐々に明らかになってくる名前や設定の意味、繰り返し歌われることによって新たな意味と重みと深みを増していく言葉、それらが幾重にも重なりながら怒涛の如く雪崩れ込んでいくクライマックス。「脚本」としても凄くよくできてる。

隣の席の方も第1幕の終盤くらいからずっと泣いてて、見ず知らずの他人同士が並んでずっと鼻すすりながら泣いているという、今になって思えば凄い状況だった…(^^;

2014/日本/113分
[出演]中島みゆき/中村中/石田匠

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

前回観れなかったので、ついに宮下文一さんの「宙船」を映画館の大音量で聴けた! 自分の曲はもちろん誰かのために作った曲でも、結局はみゆきさんが歌うのが最強だけど、唯一の例外。 みゆきさんとの指差しリレーもかっこよすぎ。 &n[…]

関連記事

あの『二隻の舟』は何なんだ…。 とんでもないものを観た(聴いた) 正直途中までは結構微妙だけど、あの1曲(途中からいきなり入るところがまたたまらない)だけで、高額な特別料金の倍出しても軽くお釣りがくる。 凄すぎた…。 […]

関連記事

バックの演奏が素晴らしいだけに、アレンジがうるさすぎて歌本来の魅力を失っている。 それでも、みゆきさんのギアも一段上がってULTIRAの威力も炸裂の『命の別名』は圧巻という言葉でもまだ足りない。 この1曲だけで元は取れる[…]