『ゆれる』(西川美和)

ゆれる

「俺はいつも逃げてばかりだ」
「つまらない人生から、だろ?」

アンコール上映をやっていたので、今さらながら『ゆれる』観て来ました。

2点を除いて、完璧。

うだうだ語るのが野暮というものでしょう。
ここまで素晴らしいと、何も書くことがありませんね(笑)

ゆれるオダギリジョー 香川照之

検事役の配役、エンドクレジットにインストルメンタルの曲を使わなかったこと、この2つ以外は非の打ち所がなく、今までたいして邦画を観ていなかったことを猛省。

語り尽くされている香川照之の巧さは、実際観てみると尋常ではなく、この先“巧すぎて嫌みなメリル・ストリープ”状態にならないことを願うばかり。

面会シーンも圧巻ですが、ラストの“顔力”が絶品。
今までラストの“顔力”といえば『サブウェイ・パニック』のウォルター・マッソーと『殺人の追憶』のソン・ガンホが双璧でしたが、まったく見劣りしません。

いかにもなうるさい音楽を流さず、説明調のつまらない台詞もなく、無駄なシーンが一切なく、淡々としていながら、何度も何度も感情の波に揺れ動かされる。

後で知りましたが、監督の西川美和さん、5つと歳が違わないんですね…。

脱帽。

2006/日本/119分
[監督・原案・脚本]西川美和
[出演]オダギリジョー/香川照之/伊武雅刀/新井浩文/真木よう子/木村祐一/ピエール瀧/田山涼成/河原さぶ/キタキマユ/田口トモロヲ/蟹江敬三

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

珍しく、場内が明るくなるまで誰一人席を立たなかった。これは立てないでしょう。 ハイライトの交差点を挟んでのやりとりを筆頭に、ここぞという場面では一言の台詞もない。 人が目を合わせるだけで、自転車に二人乗りしているだけで、撮る人が[…]

関連記事

同時に妻を亡くした二人の男。 すぐに泣いてしまう男と、これっぽっちも泣けなかった男。 自分がクズ野郎だってことくらいわかってるけど、「君とは全然違うんだよ!」 自分だけしか愛せない人間に“人生は他者だ”と殴り書きさ[…]