『リンダ リンダ リンダ』(山下敦弘)

リンダ リンダ リンダ

ドブネズミみたいに美しくなりたい♪

ミュージカル映画でうだうだと語ってもしょうがないように、この映画も、とにかく見て、聞いて、触れていただくのが一番早いですね。

ストーリーは青春映画の王道で、予想通りに話は進んでいきますし、目新しいことは何もありません。

ただ、全てを吹き飛ばすのが、ペ・ドゥナの圧倒的な存在感。
彼女が“リンダ リンダ~!”とシャウトした瞬間、もう平伏すしかありません。

リンダ リンダ リンダ ペ・ドゥナ

決して上手くはなく、声量があるわけでもありませんが、一発で心を持っていかれます。
ストーリーの進行と平行して歌も上手くなっていきますが、ラストのステージでの歌は本当に素晴らしい。

彼女のちょっととぼけたキャラも見事にはまっていて、恵の元カレにいきなり「元カレ?」と聞いてびっくりさせるくだりや、韓国語を覚えて告白してきた男の子への反応など、彼女ならではの味わいですね。

一人でカラオケボックスに行くくだりも最高。
ドリンク付しかダメだと店員、ドリンクはいらないから歌だけ歌わせろとペ・ドゥナ。
延々続く攻防が楽しめます。
ブルーハーツの練習に行ったのに、いつの間にか「Can You Celebrate?」歌ってるし(笑)

ラストのステージも素晴らしいですが、最高の名場面は、誰もいない夜の体育館で、ペ・ドゥナが一人でメンバー紹介をするところ。
実際に文化祭本番ではメンバー紹介はしないので、ペ・ドゥナが一人自分の世界に入っているシーンですが(だからここは台詞も韓国語)、このシーン好きだなぁ、ここだけ何回も観ちゃいました。

「じゃここで、連日続く徹夜の練習で睡眠不足状態のメンバーを紹介します。

ドラム!練習さぼるけど、かわいい響子!

ベース!料理ちょっと味濃いけど、あんまり喋らないけど、キュートな望!

ギター!気い短いし、怒ると一番恐いけど、でも一番優しい、アタシを誘ってくれた恵!

そしてボーカル、ソン!」

たった3日の付き合いなのに、3人のことをちゃんとわかっていて、もう立派な仲間なんですよね。

あと、全体的に高校生の頃の青春してるな~って感じが出てていいですね。
備品室に呼び出して告白とか(笑)

今時の高校生は、告白も電話やメールなんでしょうか。
自分の頃は、さすがに備品室に呼び出しというのはなかったですが、まあ似たようなものでしたからね(笑)

ペ・ドゥナは「リンダ・リンダ」「僕の右手」「終わらない歌」の3曲を披露してくれますが(もちろん3曲とも日本語)、彼女が歌う「情熱の薔薇」が聞いてみたいなぁ。

サントラは即買いでしたが、たぶんパーランマウム(バンド名。劇中ペ・ドゥナがステージ上で言っても、メンバー含め誰も意味がわからずキョトンとしてましたが、韓国語で“青い心”=ブルーハーツという意味のようです)のCDも買ってしまうでしょう(笑)

2005/日本/114分
[監督・脚本]山下敦弘
[出演]ペ・ドゥナ/前田亜季/香椎由宇/関根史織/松山ケンイチ/小出恵介

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

石油ストーブのじゃんけん一つで父娘のこれまでの日常を語り、「タバタさんとじゃないって」の台詞一つで母親の不在の理由を語り、バッシュ選び一つで実はタマ子の方が父親をフォローしている面もわからせる。 78分でこれをやられたら参りま[…]

関連記事

『もらとりあむタマ子』は78分で小津安二郎『晩春』をやるという大傑作だったけど、今度はなんとアイドル主演でアキ・カウリスマキの『過去のない男』! 二階堂ふみの松葉杖キックの時点で傑作だけど、「トマト食べられへんやろ」からの開き[…]