『怒りの河』(アンソニー・マン)

怒りの河

「ミズーリのグリン・マクリントックか」
「カンザスのエマーソン・コール?」

初対面にも関わらず名前を聞いただけで全てを理解する二人、いいですねぇ。

怒りの河 ジェームズ・スチュワート

監督お得意の山の斜面だけでなく、蒸気船での逃走劇、河での銃撃戦等水際も面白い。

ライフルの音だけで演出する夜の銃撃シーンも巧い!

[原題]Bend of the River
1952/アメリカ/87分
[監督]アンソニー・マン
[出演]ジェームズ・スチュワート/アーサー・ケネディ/ジュリア・アダムス/ロック・ハドソン/ロリ・ネルソン/ジェイ・C・フリッペン/ハリー・モーガン/ローヤル・ダーノ

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ウィンチェスター銃’73』(アンソニー・マン)
『ララミーから来た男』(アンソニー・マン)
『胸に輝く星』(アンソニー・マン)
『裸の拍車』(アンソニー・マン)
『遠い国』(アンソニー・マン)