『エンド・オブ・ホワイトハウス』(アントワーン・フークア)

エンド・オブ・ホワイトハウス

この映画の上映前に『ホワイトハウス・ダウン』の予告編を観せられるというのは、なんだか複雑な気持ち(笑)

色々設定に無理がありますが、細け~ことはどうでもいいんだよと、元シークレットサービストップ&特殊部隊のジェラルド・バトラーが、凄まじい殺傷能力でテロリストを殲滅していく。

エンド・オブ・ホワイトハウス ジェラルド・バトラー

なのに、その最中に奥さんにかけた電話で「今夜は遅くなる、書類仕事が山積みなんでね」!

二人を縛り上げて「ボスの名を言え」、敵がごちゃごちゃ朝鮮語で言っていると、「英語を習わなかったのか?俺は口の割らせ方を習った」からいきなり一人の喉にナイフを突き刺し瞬殺!

ビビりまくりのもう一人にさらに決め台詞、「腕が鈍っちまったな」
鈍ってません!

大統領も副大統領も人質になったので、いきなり大統領代理の地位が回ってきた下院議長モーガン・フリーマン。

エンド・オブ・ホワイトハウス モーガン・フリーマン

指示を!とせかされ、ちょっと待ってくれよとコーヒーを注文(笑)
砂糖の量まで細かく指示し、しかも、紙コップじゃなくてちゃんとしたカップでと、注文だけは冷静(笑)

大統領代理モーガン・フリーマンだけでなく、大統領アーロン・エッカート、大統領夫人アシュレイ・ジャッド、シークレットサービス長官アンジェラ・バセット、国防長官メリッサ・レオ、陸軍参謀総長ロバート・フォスター、今思うと何気に豪華でした。

[原題]Olympus Has Fallen
2013/アメリカ/120分
[監督]アントワーン・フークア
[出演]ジェラルド・バトラー/アーロン・エッカート/モーガン・フリーマン/アンジェラ・バセット/ロバート・フォスター/アシュレイ・ジャッド/メリッサ・レオ/リック・ユーン

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

正直少し舐めてた、エメリッヒさん、ごめんなさいm(_ _)m 「守ってくれてありがとう」、大統領がお礼を言う側ではなく、言われる側なのがいい。 上下関係にはあるものの、あくまでも2人(娘も入れると3人)のバディもの。 […]

関連記事

毎回凄まじい殺傷能力で敵を殲滅していくマイク・マニング(ジェラルド・バトラー)をして、「マジか」「俺を殺す気か!」とドン引きの、最強の助っ人“爆弾魔”マニングパパ(ニック・ノルティ)! それにしても、あのドローン攻撃、実際にや[…]