『映画の巨人 ジョン・フォード』(ピーター・ボグダノヴィッチ)

映画監督ジョン・フォード

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。

モニュメント・バレーをバックにインタビューに答えるジョン・フォード!動くジョン・フォード!喋るジョン・フォード!これだけでわざわざ観に来た甲斐があった!「あれはどうやって撮ったんですか?」という質問に、ただ一言、「カメラで」。格が違いすぎる!

他にインタビューに答えているのもジョン・ウェイン、ヘンリー・フォンダ、ジェームズ・スチュワートという超豪華な面子。この3人がまさに子供扱い、ほんとに格が違う。それにしても、会っていきなりフォードを蹴飛ばしたウェイン凄い、そりゃ現場も凍りつくはずだ(笑)

『馬上の二人』のジェームズ・スチュワートとリチャード・ウィドマークの川沿いでの長回しの会話のシーン、フォードがいきなり川の中に一人で入っていって、ここから撮る!と言い出してスタッフもびっくり、川底が深くなくてよかったっておいおいw

『黄色いリボン』で凄い雷の中を騎兵隊が行軍するシーン、あまりの雷に観光客等は逃げ出してたのに、今だ!これを撮れ!とフォード。まじっすか!と渋々同意の撮影監督。あいつ、渋々撮ったなんて言ってたけど、あれであいつアカデミー賞獲ったんだよなと余裕のフォードw

インタビューの初めにカチンコでテイク1!の声がかかると、早速「何テイクも撮るのか?」とツッコミを入れるフォード。俺に何度も喋らせるのか?自身の映画の撮影では、テイクを重ねるごとに新鮮味がなくなっていくと、テイク1こそがベストだとのこと。

[原題]Directed by John Ford
1971/アメリカ/99分
[監督]ピーター・ボグダノヴィッチ
[ナレーション]オーソン・ウェルズ
[出演]ジョン・フォード/ジョン・ウェイン/ヘンリー・フォンダ/ジェームズ・スチュワート

→本編 →他の映画の感想も読む

関連記事

鑑賞57本 感想35本 関連記事4本 NEW! 『インディアンの郵便で』 ●映画の巨人 ジョン・フォード(Directed by John Ford)出演(1971)→YouTubeで観る ●荒野の女たち(7 Women)監督[…]