『決闘コマンチ砦』(バッド・ベティカー)

決闘コマンチ砦
なぜかいつもモテモテのランドルフ・スコット、今回もそのパターンかよ!からの…。

最後の最後に明かされる、彼女の夫が自ら妻を探しに来なかった理由、その様子を見て多額の懸賞金を受け取らず一人去っていくスコット、これは泣く。

冒頭の人質交換までの一連の緊迫感も最高。

傑作。


[原題]Comanche Station
1960/アメリカ/73分
[監督]バッド・ベティカー
[脚本]バート・ケネディ
[出演]ランドルフ・スコット/カレン・スティール/リー・ヴァン・クリーフ/ジェームズ・コバーン/パーネル・ロバーツ/ジェームズ・ベスト

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

鑑賞10本 感想8本 NEW! 『ミステリアスな一夜』 ●真昼の死闘(Two Mules for Sister Sara)原案(1970) ●決闘コマンチ砦(Comanche Station)監督/製作(1960) ●ライド[…]