『やがて哀しき復讐者』(ロー・ウィンチョン)

やがて哀しき復讐者

問題はいろいろありますが、一番致命的なのは、全部“説明”してしまうところ。

やがて哀しき復讐者 アンソニー・ウォン リッチー・レン

例えば、娘が監禁されていた部屋を見つけたリッチー、今は誰もいないその場所を見て、観客は監禁時の様子を思い浮かべるわけですが、その後ご丁寧に映像で全部見せてしまう。

全編これの連続。

[原題]報應
2011/香港/94分
[監督]ロー・ウィンチョン
[製作]ジョニー・トー
[音楽]ガイ・ゼラファ/デイヴ・クロッツ
[出演]アンソニー・ウォン/リッチー・レン/キャンディ・ロー/ジャニス・マン/マギー・チョン

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

ずいぶんと数が増えてきたジョニー・トー関連作品、製作も含めるとこれで6本目。 あの『暗戦 デッドエンド』が帰ってきた! というわけでラウ・チンワンのホー刑事再登場です。 映画の続編というのは多くの場合ろくなことはありません[…]

関連記事

警官なのに犯人に逃げ道を教えてあげる雪ちゃん! 警官なのに犯人に警察無線を貸してあげる雪ちゃん! でも、全ては作戦だったのだ! 作戦名“グズ”、雪ちゃんの反撃がついに始まる! 最後の歌が激しく不要。トーさんな[…]