『ゴーン・ガール』(デヴィッド・フィンチャー)

ゴーン・ガール

原作未読。

ミステリーとしては早々に自らネタバレするし、題材的にはむしろコメディなんですが、面白いのは“物語”の部分で、“映画”が“物語”に負けてる。

149分飽きさせないのはさすがですが、90分のスクリューボール・コメディとして撮ったハワード・ホークス版が観たい。

ゴーン・ガール ベン・アフレック

『ゴーン・ガール』の http://bit.ly/1uDtAam の真意が一部の方に上手く伝わっていませんが、「スクリューボール・コメディとして撮ったハワード・ホークス版が観たい」というのは、現実にはそんな版は存在しません。

この原作で彼が撮ったものが観てみたいという意味です。

Listen on Apple Music

[原題]Gone Girl
2014/アメリカ/149分
[監督]デヴィッド・フィンチャー
[原作・脚本]ギリアン・フリン
[撮影]ジェフ・クローネンウェス
[音楽]トレント・レズナー/アッティカス・ロス
[出演]ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー/キム・ディケンズ/キャリー・クーン

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

今回は、以前から観たくてしょうがなかった、ハワード・ホークス監督の傑作スクリューボール・コメディ『ヒズ・ガール・フライデー』です。 観たくて観たくてしょうがなかった作品というのは、期待を裏切ることなく傑作であることが多いですが、今[…]

関連記事

ケイリー・グラント第4弾。 監督は『我が輩はカモである』に続いて登場のレオ・マッケリー。 『毒薬と老嬢』や『ヒズ・ガール・フライデー』を観てもわかるように、ケイリー・グラントのコメディは傑作揃いですが、今回も抜群に面白い。 […]