『お嬢さん』(パク・チャヌク)

お嬢さん

“起承転転”の2回目の“転”以降の流れはアガりまくりだし、映画が動き始める時のあの感じはたまらない。

お嬢さん パク・チャヌク

でも、この物語にあのモロな言葉の数々と性描写が必要かといったら全くそんなことはない。

完全に不要なラストの描写が典型的だけど、これが見たいという“監督の視線”でしかない。

Listen on Apple Music

[原題]아가씨
2016/韓国/145分
[監督]パク・チャヌク
[出演]キム・ミニ/キム・テリ/ハ・ジョンウ/チョ・ジヌン/キム・ヘスク/ムン・ソリ

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

映画『お嬢さん』のポスターデザインを集めました。全部で41枚。                  […]

関連記事

環境問題、優生思想、宇宙ゴミ、火星移住と大きな話でもありながら、あくまでも“子供を守る!”で突っ走るところがたまらない。 「カタギは引っ込んでろ」からのタイマンが燃えまくりのチン・ソンギュ、キム・テリの船長もかっこよすぎだけど[…]