『インファナル・アンフェア 無間笑』(バリー・ウォン)

インファナル・アンフェア 無間笑 ポスター

今日は『インファナル・アフェア』トリロジーBOXの発売日ということで、この作品を(笑)

いやあ、さすがバリー・ウォン監督、もう凄いとしか言いようがありませんね。

チャップマン・トウのハート型の胸毛から始まるこの映画、チャップマン・トウとショーン・ユーとエリック・ツァンが出てること自体がすでに凄い。

チャップマン・トウがヤンでショーン・ユーがキョンと、キャストが入れ替わっているのも面白い。
ラウにはジョニー・トー作品の常連レイモンド・ウォン。

インファナル・アンフェア 無間笑 チャップマン・トウ ショーン・ユー

でも、エンディングに流れるNG集を観てもわかるように、みんなほんとに楽しそう。
エリック・ツァン縮んでるし(笑)

ただ、本家の名場面は一応押さえてあります。
屋上での密会、屋上から車に転落したウォン警視、ハウが杯をかかげる場面などなど。

インファナル・アンフェア 無間笑 エリック・ツァン

それでいてちゃんと少しずつ可笑しくしてあり、これまた名場面であるヤンの退学のシーン。
「ああなりたいのか?」という教官の声が響く中、ヤンを見つめるラウの視線。
しかしその後ラウが叫びます。
「なりたいです!」

この作品が凄いところは、単なる『インファナル・アフェア』3部作のパロディで終わっていないところ。

ショッカーにベッカム、貞子からK-1まで。

さらに、ジョン・ウー流二丁拳銃&スローモーション&鳩が出てきたかと思えば、ブルース・リーからなんとフェリーニの『81/2』まで。

バリー・ウォン監督、恐れ入りました。

[原題]精装追女仔2004
2004/香港/94分
[監督]バリー・ウォン
[出演]ショーン・ユー/チャップマン・トウ/エリック・ツァン/ラム・ジーチョン/レイモンド・ウォン

→映画本編 →他の映画の感想も読む

関連記事

今回は、大好きなトニー・レオンが出ている『インファナル・アフェア』です。 トニー・レオンとアンディ・ラウ主演のフィルム・ノワール、この時点で外れはないでしょう、それは2、3回観た予告編からも十分に伝わってきていました。フィルム・ノ[…]

関連記事

「警官になりたいか?」 「まだ なれますか?」 「理由しだいではな」 「善人でありたい」 どんな手を使ってでも組織の壊滅を狙う警部。 愛する夫を大ボスにするため命懸けの賭けに出た女。 ボスの女に惚れ望まない黒社会[…]

関連記事

『インファナル・アフェア』『インファナル・アフェアII 無間序曲』と来て、このシリーズもついに最終章。 まだご覧になっていない方もたくさんいらっしゃると思いますし、謎解きの映画でもありますので、内容には触れません。 いずれDVD[…]