『七人の無頼漢』(バッド・ベティカー)

七人の無頼漢

西部劇といえば去っていく男の背中で終わるのが定番ですが、そう見せかけてからの!

「御者さん、馬車から荷物を降ろして頂戴」
「行かないんですかい?」
「ここに留まることにするわ」

再び映る男の背中。

雨の中での馬車の下と中のあのやりとりがここにきて効いてくる。
これは泣く…。

そして、西部劇といえばもちろん決闘、ついに対決の時を迎える両雄、ランドルフ・スコットvsリー・マーヴィン。
“Anytime you’re ready, Sheriff.”

七人の無頼漢

抜くのが早すぎて見えない!というよりわざと見せない演出、このカットバックが素晴らしすぎる!

[原題]Seven Men from Now
1956/アメリカ/78分
[監督]バッド・ベティカー
[出演]ランドルフ・スコット/リー・マーヴィン/ゲイル・ラッセル/ウォルター・リード/ジョン・ラーチ/ドナルド・バリー

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

全員玉砕のアラモの砦からただ一人脱出した男。 卑怯者、裏切者と罵られながらも、護衛の兵隊たちが別任務で去り、老人女性子供だけが残った幌馬車隊の防衛戦に協力。 逃げる幌馬車の凄まじい疾走感、馬の飛び移り、女性達だけの待伏せ[…]

関連記事

武器も取り上げられ小屋に監禁されたランドルフ・スコットと未亡人、外で見張る3人の悪党。 圧倒的不利の状況からどうやって一人ずつ仕留めていくか。 人数を減らす工夫、隙を作る工夫、思い込ませる工夫。 からのアクショ[…]

関連記事

一人の男が変えた町。 新たに現れた二人の男の到着でまた変化していく町の人々。 認めたくない真実。 またもやの立てこもりからの、1回目の決闘の後、わざと利き手を負傷させておいて、訪れる最後の決闘の時。 反対の手で撃[…]

関連記事

序盤に主人公がいきなり縛り首になろうとするも、判事が止めに来て裁判に、しかも陪審制! という珍しい展開から、二転三転脚本が面白い。 クライマックスの人質交換では、中間の地面に落ちた5万ドル入り袋を挟んでの睨み合いからの撃ち合[…]