『犯人は21番に住む』(アンリ=ジョルジュ・クルーゾー)

犯人は21番に住む

政府のトップから末端の刑事まで、あと~日で解決しないとクビだからな!のリレーの日数が減っていく冒頭から、引き込まれる語り口。

犯人は21番に住む ピエール・フレネー

連続殺人事件が町で起こる中、下宿屋に集まる一癖も二癖もある登場人物たち。

ミステリー的に犯人は限られますが、このオチには思わずニヤリ。

[原題]L’assassin habite… au 21
1942/フランス/84分
[監督]アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
[出演]ピエール・フレネー/シュジー・ドレール/ジャン・テシエ/ノエル・ロクヴェール/ピエール・ラルケ/オデット・タラザク

→他の映画の感想も読む

関連記事

今回は、これぞミステリーという1本。 ミステリー映画は山ほどありますが、その中でも傑作中の傑作。 90年代にシャロン・ストーン、イザベル・アジャーニでリメイクされてますが、もちろんそちらではなくて、1955年のアンリ=ジョルジュ[…]