『遠い国』(アンソニー・マン)

遠い国

舞台がカナダになろうが意地でも斜面にこだわるアンソニー・マン!

暗闇に聞こえてくる鈴の音、愛する男のために命を賭けた女、ついに立ち上がった住民たち。

人を信じずどこにも落ち着かなかった男がついに見つけた居場所、亡き相棒との約束である定住の象徴“鈴”での幕切れに号泣。

鈴の音映画といえばジョニー・トー監督『エグザイル/絆』での使われ方も印象的だったけど、さすがにアンソニー・マンはちょっと格が違った。

傑作。

[原題]The Far Country
1954/アメリカ/97分
[監督]アンソニー・マン
[出演]ジェームズ・スチュワート/ルース・ローマン/コリンヌ・カルヴェ/ウォルター・ブレナン/ジョン・マッキンタイア/ ジェイ・C・フリッペン

→予告編 →他の映画の感想も読む

【関連記事】
『ウィンチェスター銃’73』(アンソニー・マン)
『怒りの河』(アンソニー・マン)
『ララミーから来た男』(アンソニー・マン)
『胸に輝く星』(アンソニー・マン)
『裸の拍車』(アンソニー・マン)