『現代やくざ 人斬り与太』(深作欣二)

現代やくざ 人斬り与太

菅原文太と渚まゆみの赤飯も印象的だけど、今回も安藤昇がいい。

敵対組長の首を取りに行く幹部とのやりとりがいいなぁ。

勧めた煙草、幹部が当然自分で火をつけようとすると、無言でそっと差し出す火。

驚いた幹部は一服だけ吸うと、じぁ行ってきますと一言残して去って行く。

1972/日本/88分
[監督]深作欣二
[音楽]津島利章
[出演]菅原文太/安藤昇/渚まゆみ/小池朝雄/三谷昇/藤里まゆみ/谷本小夜子/小林稔侍/地井武男/大浜詩郎/村山辰昭/城春樹/室田日出男/土山登志幸

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

安藤昇かっこよすぎだろ…。 目にも留まらぬ早撃ち、隣の部屋から狙う銃口、借りはすでに返しているのに共に歩き出す最後の戦い。 残りの2人も加わり、映画史上最強のフォーメーション“四人一列横並び”はあの『ワイルドバンチ』にすら負[…]