『ブラックハット』(マイケル・マン)

ブラックハット

Twitterでのつぶやきをまとめておきます。

まさかの傑作!コンピューターの中に入り込むいつの時代の映像ですかというダサすぎる描写だけは酷くて完全に不要だけど、おじいちゃん的には今時でかっこいいと本気で信じてるっぽいので、そこだけはご愛嬌(^^; それ以外は、震えがくるほどに素晴らしい。年間ベスト入り確実。

とりあえず、今年のベスト台詞は「ここまで近づいた奴はいない」で決まりでしょう。久しぶりにアクション映画の台詞で心の底から痺れた。しかも、これを言うのが敵の部下(むちゃくちゃ強いけど)ですからねぇ、たまらん…。「泣くのは後だ」も素晴らしい!

続きは後ほど。いやー、最高だった。

ブラックハット

ストーリーもツッコミどころも、そんなものはどーでもいい。コンテナを貫く弾丸の凶暴さと他の追随を許さない銃撃戦の音響に震え、ヘリから見下ろす香港の夜景の情感に泣き、祭りの中ついに迎える落とし前に向けてひたすら歩く横移動に痺れる。マイケル・マン復活。文句なしの傑作。

さっきの年間ベスト台詞の殺し屋だけでなく、脇役たちもみんないいですよねぇ。「立ち入ったこと聞いていいですか?」からのあの二人もいいよなぁ。ヴィオラ・デイヴィスの銃を構えた立ち姿、一発必中で次々と仕留めていくホルト・マッキャラニー。その前に立ちはだかる圧倒的火力。

あっ、一つ大事なことを書くの忘れてた。チョン・シウファイ、一瞬出てくるだけかと思ったら、結構出番あった!しかも、十分に存在感もある。マイケル・マン師匠、次回作ではぜひ雪ちゃんも使ってください!アンディ・オンの扱いは今回も香港映画のいつものアンディ・オンだった…。

[原題]Blackhat
2015/アメリカ/133分
[監督]マイケル・マン
[出演]クリス・ヘムズワース/タン・ウェイ/ヴィオラ・デイヴィス/リッチー・コスター/ホルト・マッキャラニー/ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン/ワン・リーホン

→予告編 →他の映画の感想も読む

関連記事

コン・リー姐さん貫禄ありすぎ(笑) サム・ペキンパー、ロバート・アルドリッチ、ドン・シーゲル亡き今(イーストウッドも最近はそういう映画を撮ってないですし)、ハリウッドで“漢の映画”といえばこの人マイケル・マン、最新作『マイアミ・バ[…]