カウリスマキ、ロッテルダムでも酔っ払う!

カウリスマキ ロッテルダム国際映画祭 酔っぱらい

昔、カウリスマキ、カンヌでも酔っ払う!というエントリーをUPしたことがありますが、我らがカウリスマキ、またまたやらかしてくれたようです!

「もういいから映画を観せろ!」という怒声も飛び交ったとのことで、そう怒る観客がいるのもわからなくはないですが、「彼を解放してあげて!」という温かい声も飛んだというように、これくらいで驚いたり怒っていたりしては、カウリスマキファンとしてはまだまだ未熟でしょう。
これがデフォルト(笑)

ただ、冷静に事実だけ拾っていくと、確かにひどい(爆)

●15分遅刻(しかもほろ酔い加減)
●用意されていた椅子ではなくセットに鎮座
●タバコを取り出し、禁煙の会場でプカーッと一服
●司会者が何を聞いてもずっとうつむいたままで質問をはぐらかす
●「この質問に答えてくれたらビールをあげるから」と司会者になだめられる
●結局、30分予定されていたショーを5分で切り上げる
●翌日も舞台挨拶が予定されていたが“失踪“し、滞在予定を繰り上げて帰国

司会者や映画祭スタッフはたまったものじゃないでしょう(笑)

それでも、会場に詰めかけたカウリスマキファンは、喜んでた人のが多いように思うけどなぁ。もし自分が会場にいたら、さすがカウリスマキ!と大喜びしていたはず。

そんなカウリスマキの待望の新作『Le Havre』、記事の最後にもありますように日本公開は決まっているみたいですが、何ヶ月も前にその情報が出てから、一向に続報が聞こえてきません。
一日も早く観たい!しかも、ぜひ舞台挨拶付で!(笑)

シネマトゥデイ<あきれた巨匠にブーイング!アキ・カウリスマキ監督、ほろ酔いに舞台でたばこ…30分のショーを5分で切り上げ>

【関連記事】
カウリスマキ、カンヌでも酔っ払う!